Nagoya Pharmaceutical
Corporate Pension Fund Association

名古屋薬業企業年金基金

メニュー

給付のしくみ

加入者期間や退職時年齢によって給付の内容が変わります

  • 基金の給付は、加入者期間および退職時年齢によってうけられる内容が変わります。
  • 加入者期間15年以上の人や、加入者期間10年以上55歳以上で退職した人は、基金から年金(老齢給付金)をうける権利を取得します。希望に応じて、年金を一時金としてうけとることもできます。
    なお、平成30年5月に法改正があり、新たに「ポータビリティー制度」を選択できるようになりました。

「ポータビリティ制度」

  • 加入者期間3年以上10年未満の人や、加入者期間10年以上55歳未満で退職した人は、脱退一時金がうけとれます。年金での受給を希望する場合は、脱退一時金の原資を転職先の企業年金制度や企業年金連合会へ持ち運ぶこともできます。

「ポータビリティ制度」

  • 確定拠出年金(DC)制度の給付につきましては、上記と異なります。当基金のDB+DCプランにご加入の場合は、三井住友信託銀行株式会社のページをご参照ください。
■加入者期間と退職時年齢による給付のイメージ
加入者期間と給付のイメージ

※①基金に加入できるのは、65歳の誕生日の前々日までです。

※②年金を選択された場合のうけ取り開始年齢は60歳以降となります。

うけられる給付内容を確認してみましょう

  • 加入者期間や退職時の年齢に応じて、年金(一時金)の給付内容などが変わります。
  • 下表のあてはまる給付内容をクリックすると、給付の詳細が確認できます。
    なお、下表中の「加入者期間」については、特例措置がある方もございますのでご注意ください。
    詳細は、「加入者期間にかかる特例措置」をご確認ください。
加入者期間 退職時年齢 給付内容
3年未満 - 基金からの給付はありません
3年以上10年未満 - click
10年以上15年未満 55歳未満 click
55歳以上 click
15年以上 60歳以上 click